心が疲れてきたら四国遍路をしてみよう|無心で旅をする

女性

リフォーム会社が手掛ける

鞄

もともと塗装業やリフォームをメインにやってきたオンテックスが、ホテル事業を大阪で始めました。駅近くの分譲マンションをコンバージョンし、キッチンやバスルーム完備のゆったりした部屋を実現しています。また現在は温泉も手掛けています。

利用者目線のサービス

ウーマン

成田空港では利用者が便利で快適に駐車場を利用できる様に先進的な駐車場システムを運用しています。駐車場のスペースをインターネットから事前予約が出来るほか、リアルタイムで空き状況が分かるシステムが運用されています。

お得な利用方法と工夫とは

客室

観光エリアの舞浜はシーズンで混雑状況が異なるため、予約や訪問のタイミングも格安ホテルを利用する工夫となります。交通利便性が高いことから、鉄道駅の最寄りが有利というわけではありません。バスで直接アクセスできるホテルも選択可能です。アメニティやバリアフリーの対応状況も重要な比較材料です。

心を癒す旅をしよう

鳥居

最近疲れていませんか

四国遍路は平成27年4月、日本遺産に認定されました。全長1400キロに及ぶ回遊型巡礼路です。1200年以上も続いており、お遍路さんは四国の風景に溶け込んでいます。弘法大師は今の香川県に誕生され、四国の地で厳しい修行をされました。四国遍路は四国四県に散らばっている弘法大師ゆかりの寺を巡る旅です。国籍、宗教、宗派を問わず、誰もが修行や癒しを求めて旅する巡礼文化と言うわけです。また、最近は外国の方も見かけるようになりました。一番札所(寺)から八十八番札所まであります。町中や山の上そして海のそばなど色々な場所にあり、そこを訪ねてお参りします。先ずはどんな風に回るか計画を立てておくとよいでしょう。一度に回るもよし、少しずつ回るのもよいので、自分の都合に合わせてお遍路すればよいと思います。また、始めての四国遍路の場合はツアーに参加すると、無駄のないスケジュールで回ることができるため、楽です。四国遍路には独特の服装や持ち物があります。中でも、菅笠や杖、白衣などは写真で目にされたこともあると思います。しかし強制ではありません。また、お寺でのお参りの方法もしきたりのようなものがありますが、お参りについてもツアーだと教えてもらえるので助かります。四国遍路は一度で終わりではありませんので、一度参加されたら、あとは自分でお遍路するのもよいでしょう。また何度でも、いつでも、どこから始めても良いですが、旅慣れてきたら、地元の方や他のお遍路さんとも交流してみましょう。厳しい山道を歩いてたどり着いたお寺で、他のお遍路さんからの労いの言葉に疲れが取れる気がします。